おっちゃんあんちゃんの覚書

熱帯魚の飼育を中心にブログを書いています。失敗談の方が多いのですが・・・。

発酵式CO2強制添加を始めました。

水草を元気にしようと思い発酵式CO2強制添加を始めました。本日は、その紹介です。

水草を元気に育てるには

一般に水草を元気に育てるには、次の5つが重要とされています。今の水槽を立ち上げてからさまざまな対策をとってきましたが、どれも今ひとつです。

No必要なものやってきたこと
1 水質 今ある水草には、弱酸性で軟水が良いようなので、今のところは何もしなくても良さそうです。
2 一応、水草にもよいと言われているLED照明を利用中です。
3 二酸化炭素(CO2) なし。
4 栄養 週1回のカリウム添加を開始しました。
5 規則正しい夜 中途半端(夜間に3/6ほど遮光)です。

そこで、今回は二酸化炭素(CO2)の強制添加を始めてみました。

いつもの工作タイム

とは、言ってもペットボトルを使った容器はすでに作ってあるので、砂糖とドライイーストを混ぜ合わせてペットボトルに入れただけです。

ペットボトルを利用した発酵式CO2強制添加の作り方は、次の記事が分かりやすく、私も参考にさせていただきました。

誰でも作れる!発酵式CO2の作り方(重曹式) - GRASSING!

材料です。

名称
砂糖 100g
2g
400cc
ドライイースト 1g

まずは砂糖100gと塩2gをペットボトルに入れます。どちらも台所にある普通のものです。

ペットボトルに砂糖と塩を入れた写真

次に、水道水400ccを入れます。蓋をしてよく振ります。

最後にドライイーストを1g入れて、再度よく振ります。写真は前回買ったドライイーストの残りです。まだまだ、いっぱいあります。

ドライ・イースト

蓋をして、近所のダイソーで買った保冷袋に入れて、CO2が出るのをひたすら待ちます。

f:id:tk450:20160516212958j:plain

まとめ

1時間もしないうちに、CO2が出てきました。

この材料で2〜4週間ほどもつそうです。しばらくは様子見です。

【ご参考】

ドライイーストは、近所のスーパーの手作りお菓子コーナーで購入しました。確か、これだったような

おしまい