おっちゃんあんちゃんの覚書

熱帯魚飼育を中心にブログを書いています。失敗談の方が多くて・・・。

映画『マンマ・ミーア』、素敵です

地元の図書館で借りたDVD『マンマ・ミーア』を見終わりました。本日は、その感想です(ネタバレなしです)。

なれそめは

先日、従兄弟たちと会ったときに姉ちゃんの長女(社会人)が単身ニューヨークに行ったことを知りました。ニューヨークって、テレビでしか見たことがないのですが・・・、彼女との会話です。

【私】『ニューヨークって、ブロードウェイしか知らないけど、行ってみた?』

【娘】『うん、もちろん』

【私】『何を見たの?』

【娘】『マンマ・ミーアと、xxxと・・・』

   (幾つか言われたのですが、おやじには理解できず・・・)

【私】『マンマ・ミーアかぁ。ふ~ん』

そうなんです。当時はまだ観たことがなかったのです。

地元の図書館で予約して

藤沢市図書館では、DVDの貸出しをしています。早速借りてみました。

YouTubeの予告編を

メリル・ストリープの歌声

まず驚いたのは、メリル・ストリープの歌です。彼女、歌えるんですね。しかも、上手いです。彼女の出ている映画を何本か見ていたのですが、あんなに歌が上手だったなんて知りませんでした。演技派としての彼女も好きですが、本作品の彼女も好きです。

共演者に驚き

娘役のアマンダ・サイフリッドは、『レ・ミゼラブル』で見た覚えがあります。『アメイジングスパイダーマン』のヒロイン役で見たような覚えもあります。無邪気な娘さんといった印象で、あ~、自分の娘だったらと思っていました。

さらに驚いたのが、主人公の親友ロージーを演じていたジュリー・ウォルターズです。なんと彼女、私の大好きな『ハリーポッター』シリーズのウィーズリーおばさんを演じていた人なんです。彼女も歌えるんだぁ!!です。

ABBAの曲

この映画で使われている曲は、ABBAのヒットソングです。ABBAは、私よりちょっと上の世代で、世界的に大ヒットしたグループです。『チキチータ(Chiquitita)』や『ダンシングクイーン(Dancing Queen)』のサビのメロディーは知っていましたが、歌詞や全体は知りませんでした。

映画の中で歌われている曲は英語だったので、当然(?)内容はよく分かりませんでした。でも、メリル・ストリープアマンダ・サイフリッドの発声/表情を見ていると、何となく気持ちは伝わってきます。すばらしい!!です。

式場に向かう場面では・・・

この映画、帰りの通勤電車で少しずつ見ていました。話も中盤以降になり、いよいよ式場に向かうというとき、恥ずかしながら涙がでました。周りの人に、「この人へん?」と思われるのが嫌で、一生懸命に隠しました。我ながら年をとりました。

最後に

我家の娘たちは高校生・中学生なので、結婚するまでには、まだまだ時間が掛かりそうです。でも、この映画をみて”絶対にバージンロードを歩いてやる!!”と思いました。(あくまで教会で式を挙げる場合ですが・・・)

そんな気持ちにさせてくれる映画です。

おしまい

follow us in feedly rss