おっちゃんあんちゃんの覚書

熱帯魚の飼育を中心にブログを書いています。失敗談の方が多いのですが・・・。

こぶたのコネット

本日は、チェリーシュリンプの飛び出し防止用蓋のお話です。

ゴールデンウィークに生まれたチェリーシュリンプの稚エビたち。2カ月が経って、みんな大きくなってきました。朝の餌の時間には、お魚たちに混じってシュリンプが泳いでいるときもあります。

ところがです。

先日、妻が仕事から帰ると、水槽から飛び出したチェリーシュリンプを床の上で発見したそうです。飛び出してすぐだったようで、水槽に戻すと元気に泳いでいきました。

さらにです。

その二日後に、またもやチェリーシュリンプが水槽の外に飛び出していたそうです。このときも水槽に戻して事なきを得ました。

極めつけは

週末の水換え中に、私の目の前でチェリーシュリンプが飛び出してきました。すぐに水槽に戻しましたが・・・、このままでは、またいつ飛び出すか分かりません。

そこで、飛び出し防止用の蓋を作りました。

わが家の水槽では外掛けフィルターを使っています。そのため、フィルター横にはちょっとした空間が開いていました。

今回作成したのは、この空間をふさぐための蓋です。

水槽上部の空き空間

材料は、以前ダイソーで買ってきた園芸用鉢底ネットと竹ひごです。園芸用鉢底ネットを

園芸用鉢底ネット

開いている空間に合わせてハサミでカットし、補強用の竹ひごを木工用ボンドで接着します。

接着中の防止網

ボンドが乾けば完成です。

完成した網をのせてみました。

こぶたのコネット

どれだけ効果があるのかは・・・

う~ん、分からずです。

おしまい

 

 

まさかと思うけど、この記事のタイトルを漢字で書くと『小蓋の小網』?
駄ジャレにもなっていないと思うけど。

 

 

(*゜▽゜*)え???