おっちゃんあんちゃんの覚書

熱帯魚の飼育を中心にブログを書いています。失敗談の方が多いのですが・・・。

熱湯風呂に入った発酵式CO2ボトル

発酵式CO2を作り直したのですが、いつまで待ってもCO2が出てきません。そこで熱湯風呂に入れてみました。本日は、その紹介です。

我が家では、おおよそ1月に1回のペースで発酵式CO2を作り直しています。今回も、いつものように作り直して、CO2が出てくるのを待っていました。

ところがです。

10分経っても、20分待っても、いっこうにCO2が出てきません。

仕方がないので手で温めてみたのですが、これまた、ウンともスンとも言いません。

そこで、今回は熱湯の中に浸してみました。

熱湯風呂に入った発酵式CO2ペットボトル

すると、砂糖水の中がぐるぐると動き出しました。昔、小学生のときに習った『対流??』と思い、動画に撮ってみました。

白いつぶつぶが、イースト菌です。

そして、しばらくすると、無事CO2が出てきました。

めでたし、めでたし・・・です。

おしまい