おっちゃんあんちゃんの覚書

熱帯魚の飼育を中心にブログを書いています。失敗談の方が多いのですが・・・。

緑の絨毯、出直し中

底床一面を緑の絨毯にしたくて、ニューラージバールグラスを植えていました。ところが、5ヶ月たっても絨毯化しそうにありません。そこで、ちょっと出直し作戦に出てみました。本日は、その紹介です。

今までの経緯

4月末にニューラージバールグラスを底床に植えました。私は前から緑の絨毯に憧れていて、今回で3度目の挑戦です。過去の失敗を繰り返さないように、色々と工夫をしてみたつもりでしたが・・・

やっぱりダメです

複雑なことをしなくても容易に育成できると言われていたニューラージバールグラスでしたが、我が家の水槽では元気がありません。

栄養分が足りないの?と思っては、定期的に園芸肥料を追肥していました。

レッドプラティのおばさま方(お姉さま方から改称‼︎)に引っこ抜かれないよう、バリケードも復活しました。

それでも、我が家のニューラージバールグラスは、植えたときと同じ状態です。しかもコケまみれです。

コケまみれのニューラージ・パールグラス

だったらやり直し‼︎

このまま時間がたっても良くなる見込みがありません。そこで思い切って再チャレンジをすることにしました。

でもですね・・・

再チャレンジのための追加投資はできません。

。゜。(>□<。)゜。゜ 

そこで、今もじっとしているニューラージバールグラスを使って、再チャレンジの準備を始めました。

まずは水上葉にして

水槽の中にいる水草、実は水上に出して育てる方法があります。

いわゆる水上栽培です。

水中とは異なり、お日様の下で思いっきり元気になってもらう方法で、うまくすれば、とっても増えるそうです。

 (^◇^)

グーグル先生にお尋ねすると、いくつもの方法を教えていただきました。

ついでにソイルも

水上栽培を紹介した記事では、決まってソイルがでてきます。

ソイルとは、粒上の土を焼き固めたもので、水草育成に必要な肥料や水質(PH)を一定に保つための調整剤が含まれているものです。水草レイアウト水槽の底床として、とても有名です。

tropica.jp

我が家の水槽では、大磯砂を使っています。ソイルの優位性を見るたびにう〜んと唸っていましたが、かと言ってソイルに換えようとは思いませんでした。

なぜならば、ソイルには半年から一年の寿命があり、その度に全てのソイルを入れ替える必要があるからです。

しかし、せっかくなので、水上栽培でソイルを試してみることにしました。

しかもミスト式で

水草レイアウト水槽では、いきなり水を入れるのではなく、ソイルに水草を植えてから、しばらく水を入れずに育てる方法があります。

ミスト式と呼ばれるこの方法は、ソイルと水草に霧状の水分を与えてラップで包み、毎日10〜14時間ほど照明を当てます。タイマーを使うと、ほぼ、放ったらかしで良いそうです。

水草は水上葉の状態で育つので、水中にいる時よりもしっかりと根をはり成長するそうです。

これ、とても面白そうです。

(。⌒∇⌒)。

久しぶりの工作タイム

近所のダイソーで、ミニパックを購入しました。ソイルを入れる鉢代わりです。

ミニパック

次に500mlのペットボトルを用意します。これをカッターとハサミで半分に切ります。温室代わりです。

半分に切ったペットボトル

ペットショップで購入したソイルをミニパックに入れます。

ミニパックに入れたソイル

グーグル先生にソイルはどれが良いかとお尋ねしまくって、水草一番サンドにしようと決めていました。

理由は、名前がとても強そうだったからです。

しかし、残念ながら近所のショップにはありませんでした。何軒も廻ってみたのですが、どこにもありませんでした。

そこで、一番価格の安かったショップのオリジナル・ソイルにしました。

ショップのオリジナル・ソイル

ソイルを入れたミニパックをペットボトルに入れて、水槽の飼育水を注ぎ込みます。

普通は、カルキを抜いた水道水を使うようですが、今までニューラージバールグラスが暮らしていた水にしてみました。

水槽からニューラージバールグラスを取り出して、ソイルに植えます。

ソイルに入れたニューラージ・パールグラス

あとは、ラップで上部を覆って終わりです。

完成‼︎

ラップで覆って完成

ところで、我が家には余っている照明やタイマーがありません。

なので、リビングの窓際に置きました。

ついでに水中版も

せっかくなので、水をたっぷり入れた水中葉版も作ってみました。

水中葉版です

2つのペットボトルは、窓際で仲良く並んでいます。

窓際に並べています

まとめ

本日は、ニューラージバールグラスの水上栽培を始めたことを紹介しました。

いま、我が家のニューラージバールグラスは、水槽の中、水上栽培、ソイルの水中葉の3ヶ所で育てています。

どれが元気になるのか、とても楽しみです。

おしまい

 

 

どれも、ダメだつたりして

 

 

(*゜▽゜*)え???