おっちゃんあんちゃんの覚書

熱帯魚の飼育を中心にブログを書いています。失敗談の方が多いのですが・・・。

『追伸』号泣です。

本日は、地元の図書館で借りた森 雅之さんの『追伸 二人の手紙物語』をご紹介します。

この本は、漫画です。

1988年に「まんがオリジナルライフ」で連載されていたものでした。

図書館の大人向け漫画コーナーで物色していたところ、『今まで読んだことのない雰囲気』の漫画を見つけました。

それは何かと言いますと、漫画にしては文章が多いのです。

ストーリーは、北海道に住む山田さんと東京に住む小林さんが偶然知り合い、その後の遠距離恋愛を綴ったものでした。

スマホや携帯のない時代、お互いの気持ちが手紙に綴られています。

作中、電話でやり取りするようすも描かれていましたが、それでも必ず手紙だったのです。

 

手紙の内容がそのまま書かれていたので、文字が多いわけです。

でも、その手紙。

必ず『追伸』が付いていました。

手紙の本文は、お作法に則った文章です。

でも、追伸になると想いがダイレクトに書かれています。

 

あ〜、これ、すごく分かります。

 

どんなに想いが強くても、伝える手段によっては、そのお作法から外れることはできません。でも、手紙だったら追伸が使える!!です。

全13話なので、紆余曲折が盛り込まれているわけではありません。それでも、各話では当時の時事?であるクリスマス、バレンタインデー、ホワイトデーの話題がでてきます。

お互いのことを想いながら、一人前になるために頑張っている、その必死さが伝わってきます。

長いお話ではなかったので、一気に読みました。遠距離恋愛って、大変なんだなぁと思いながら・・・です。

 

ところが、最終話はチョット雰囲気が異なりました。

???となりながら読み進めました。

そして最後のページ(それも最後のコマ)を見たときに涙が溢れてきました。

 

もう、号泣です。

 

そのコマ自体、ありふれた?情景なのですが、そこに至るまでのストーリーを知っていると、この『ありふれた、何気ない日常の1コマ』が、なんと素晴らしく感じられるものか・・・と。

漫画なので、好き嫌いがあるとは思いますが、とってもおススメです。

おしまい