おっちゃんあんちゃんの覚書

熱帯魚の飼育を中心にブログを書いています。失敗談の方が多いのですが・・・。

フロントパネル交換 YPLANG iPhone 6s フロントパネル

長女がiPhoneを換えました。手元に残したiPhone 6Sのフロントパネルを交換しましたので、その紹介をします。

きっかけは

車に乗ろうとして、家族のみんなが見ている前でiPhoneを落とした長女。拾い上げると見事にガラスにヒビが入っていました。

バッキバキに割れた長女のiPhone

さすがに3度目ともなると、長女も『またかぁ』です。最近、バッテリーの持ちが悪くなっていたこともあって新しいiPhoneを自分のお金で購入することになりました。

さっすが、アルバイトざんまいの大学1年生!!

近所の電気屋さんに行ってサッサと手続きを済ませたのですが、バリバリに割れたiPhone 6Sを下取りに出しませんでした。なぜならば、私の愛用するiPhone 5Cの代わりにしようと思ったからです。

交換部品

2年ほど前にiPhone 5Cのバッテリーを交換しました。なので、ガラスの交換も簡単にできるのではないかと思っていました。

ところがです。

iPhoneのガラスは単独では交換できず、フロントパネル自体を交換しなければならないことが分かりました。さらにこのフロントパネル、タッチセンサーや前面カメラ、スピーカーの移植?が必要そうです。

う~ん

と唸りながらも、失敗したらiPhone 5Cを使い続ければ良いのだからと思い、Amazonでフロントパネルを注文しました。

YPLANG iPhone 6s フロントパネル

注文したのは「YPLANG iPhone 6s フロントパネル iphone6s液晶パネル タッチパネル 修理用交換用LCD デジタイザー 修理工具付き (ホワイト)」です。

このパネル、レビューをみると良い意見と、ちょっとなぁという意見がありました。それでも他社に比べると安定していそうだったので購入しました。

YPLANG フロントパネル

作業時間は1時間程度で

Touch IDやiPhoneを探すの解除、バックアップを終えて交換作業に入りました。まずは製品についていた吸盤をつかってフロントパネルを開けようと思ったのですが、ガラスがバッリバリに割れていて、うまく吸い付きません。仕方なくカッターを使ってこじ開けます。

これでうまくいくのかなぁ~

と、とても不安になったのですが、その後は説明書に書いてある通りに進めることができました。説明書の日本語は、ところどころ??となる文章でしたが細かいところを気にしなければ全く問題なかったです。

あと、外したネジを置いておく専用のシート(?)が入っていたのですが、これはとても便利でした。

今は

9月のはじめに高1の次女のiPhone 5Sの調子が悪くなりました。画面右半分をタッチしても反応がまったくないのです。

そこで、修理したiPhone 6Sを次女に渡しました。

2週間ほど使用した次女曰く『画面が大きくなって綺麗!!』だそうです。

次女のiPhone 6S

本当によかった。

だって、次女まで新しいiPhoneが欲しいと言い出すことを考えると・・・。

あとがき

先日のバッテリー交換でも書きましたが、iPhoneの部品交換はあくまで自己責任でやることが前提です。ネジも部品も思った以上に小さいので、失敗しても『まぁ、いっかぁ』と思えない限りは、おすすめできません。

それでも・・・

修理できたときは、とても嬉しいんですよね。

おしまい