おっちゃんあんちゃんの覚書

熱帯魚の飼育を中心にブログを書いています。失敗談の方が多いのですが・・・。

スタンプウッド

お小遣い日後の初休日の土曜日に、スタンプウッドを購入しました。本日は、その紹介です。

はじまりは

年末年始のとある休日に、妻が突然言いました。

 

今の水槽、悪くはないんだけど・・・

 

 

 

 

もっとシンプルなのがいいなぁ

 

 

??

 

 

徐々に足していった水草が順調に育ち始め、自分としては満足していたのですが、妻にはゴチャゴチャしているように見えていたようです。

ゴチャゴチャ

熱帯魚飼育をはじめて4年が経ち、少~しずつ育てた(変化した)水槽だったのですが・・・。

わが家の水槽

この水槽には流木、木化石、溶岩石があり、水草ミクロソリウム、ハイグロフィラ・シアメンシス、ロタラインディカ、ナヤス、ニューラージパールグラス、ショートヘアーグラスと多種・多様で、確かにゴチャゴチャしていました。

幸いにして、年末にお迎えしたバルーン・プリステラとコロンビアレッドフィン・テトラも☆になることがなく、安定しています。

妻がシンプルにしたいと言うのであれば、それに応えてみたいと思いました。

今しかない!!です。

シンプルって

シンプルと一言でいってもいろいろなものがあります。そこで、妻を誘って近所の熱帯魚屋さんのはしごをしました。

店頭にならぶ水槽を見ながら、妻の反応を見ます。

何軒かまわったところ、ペットワールドアミーゴ藤沢店にあった水槽を見た妻が、『これ、いいねぇ』と言いました。

その水槽は、切り株流木をつかった水槽で、1種類の水草だけをつかったものでした。傾斜をつけた底床によって、奥から手前に向かって広大な草原が広がっています。

あ~、そういうことかぁと納得しました。

切り株流木

切り株流木は、スタンプウッドという名前で販売されることもあります。切り株の形をした流木で、小さなものから大きなものまであり、形状も様々です。

やっとお小遣いが入り、妻と二人でペットワールドアミーゴ藤沢店に向かいました。

それからが大変でした。

いくつもあった流木を一つ一つ手に取り、いろいろな角度から眺めては、妻と二人で『う~ん・・・』です。

どれくらい探しまわったでしょうか。二人で半ば諦めかけていたときに、1つの流木が目に入りました。

妻と顔を見合わせ・・・、決まりです。

購入した流木は、これでした。

購入したスタンプウッド

アク抜き

流木は、水槽に入れる前にアク抜きをします。良くやる方法は、お鍋に入れてグツグツ1時間ほど煮る方法です。

ところが、購入した流木はとても大きく、わが家のお鍋に入りません。

(゚O゚;)

しかたなく水をはった容器に入れて、1~2カ月ほど放置することにしました。この方法でも、時間をかければアクが抜けるそうです。

おわりに

本日は、水槽内のシンプル化に向けて切り株流木のスタンプウッドを購入したことをご紹介しました。あたたかい春がくる頃には水槽に入れようと思っています。

おしまい