おっちゃんあんちゃんの覚書

熱帯魚の飼育を中心にブログを書いています。失敗談の方が多いのですが・・・。

水温32℃?!

朝の風呂掃除も終わり、水槽内の糸状コケを取ろうとしていたときです。

なんと、飼育水が生温かいのです。あれ?・・・っと思って水温計を見ると、なんと32℃!!

慌ててヒーターの電源を切りました。そして、道具箱から冷却ファンを取り出して設置しました。

ファンが回ってしばらくたちますが、なかなか温度が下がりません。そこで、飼育水を少しずつ取り出しては、カルキ抜きをした新しい水と交換しました。ゆっくりと時間をかけて行い、お昼ごろには26℃まで下げました。

幸い、お魚やエビたちも元気です。

ε=(´o`A゙

わが家のヒーターは2015年10月に購入したもので、かれこれ4年ほど使っていました。ヒーターは通常1シーズンと言われていましたので、よくもった方です。

昼食後、冷却ファンを設置していることもあり、再度、ヒーターの電源を入れてみました。すると、しばらくして冷却ファンが回りだします。残念ながら、ヒーターが完全に壊れたようです。

温かい日が続くようになりましたが、今後の水温によっては新しいヒーターを買いに行こうと思っています。

おしまい