おっちゃんあんちゃんの覚書

熱帯魚の飼育を中心にブログを書いています。失敗談の方が多いのですが・・・。

フネアマ貝先生

今日、会社から帰宅して水槽を覗くと、フネアマ貝先生が☆になっていました。

床底に無理やり沈めたリシアの上で、ひっくり返っていました。

身は小さくなっていて、見つけたときにはもうダメでした。

2016年10月にお迎えしているので、1年7ヶ月でした。

この先生、お迎えしたばかりのころはコケをよく食べ、卵もたくさん産んでいました。でも、しばらくたつと大磯砂の中に潜っているの?という格好で動かないことが多かったです。

それでも、ここ最近はガラス面をいったりきたりされていたので、おや、気が変わりましたか?と思うほどでした。

 

いままで、本当にありがとうございました。

お互いに生まれ変わることができたら、そのときもいっしょに楽しみたいですね。

それまでは、ゆっくりと休んでください。

おしまい