おっちゃんあんちゃんの覚書

熱帯魚飼育を中心にブログを書いています。失敗談の方が多くて・・・。

富士山麓までドライブしてきました。『忍野八海』編

8/11に富士山麓までドライブしてきました。前編の『鳴沢氷穴富岳風穴』に続き、本日は忍野八海を紹介します。

富士山世界自然遺産

忍野八海は国の天然記念物であり、富士山世界自然遺産の構成資産の1つです。

忍野八海 | 忍野村公式観光ホームページ

 その昔、忍野湖は富士山の噴火活動を何度も経て、徐々に富士 裾野と御坂山系との狭間を水触、掘削排水され長い期間の後、ついに湖は涸れました。しかし。富士山の伏流水に水源を発する湧水池がいくつか残りました。
その代表的な湧水池が「忍野八海」です。
 富士山に降り積もる雪解け水が、地下の不透水層という溶岩の間で数十年の歳月をかけてろ過され、澄み切った水となりました。美しく神秘的であり、移り変わる四季に彩られた富士を水面に映しこんだ姿は訪れた人々に水本来の姿と護るべき美しさをそっと訴えているようにも感じられます。
 忍野八海は「形状、水質、水量、保全状況、景観、仏教思想(富士信仰)など」の観点から、昭和9年(1934年)に国の天然記念物に指定され、昭和60年(1985年)に、環境庁から全国名水百選に選定されました。また、平成6年(1993年)には、県富岳百景選定地にも指定されました。

出典:忍野八海 | 忍野村観光協会公式サイト「忍野ナビ」

普通の住宅街(?)を歩いていると、構成資産17・五番霊場の湧池(ワクイケ)に出ます。ここは、人口池の中池に隣接していて『いかにも観光地』といった感じのところです。賛否両論あるようですが、池自体はとてもきれいです。

湧水が冷たくて

湧池の横にある水路です。ここには面白い看板が出ていて『30秒間水に手をつけてみてください』とあります。子供たちと一緒に手を入れて30数えましたが・・・冷たい!!。最後は手が痛くなるほどでした。

湧池横にある水路

透き通る水はブルー

中池の中です。底に沈んでいるのはコインです。見方によっては、満点の星の中をおよぐ魚のように見えます。

 

忍野八海の湧池横の池の中です。#忍野八海 #oshinohakkai

おっちゃんあんちゃんさん(@tk4501)が投稿した写真 -

 

水もたくさん涌いていました。

 

忍野八海の湧水です。#湧水 #springwater

おっちゃんあんちゃんさん(@tk4501)が投稿した動画 -

 

構成資産16・四番霊場の銚子池です。こちらは生垣の中にありました。

 

忍野八海の銚子池です。#忍野八海 #oshinohakkai

おっちゃんあんちゃんさん(@tk4501)が投稿した写真 -

 

まわりに咲いている花もとてもきれいです。

 

忍野八海で見かけた花です。#忍野八海 #oshinohakkai #花 #flowers

おっちゃんあんちゃんさん(@tk4501)が投稿した写真 -

まとめ

本日は忍野八海を紹介しました。池の迫力/美しさをうまく文章や写真で表現でませんでしたが、興味のある方は是非とも行かれることをお勧めします。自然遺産に選ばれる理由を肌で感じられると思います。私は始終、鳥肌がたっていました。すごい!!って。

帰ってきてからグーグル先生にお尋ねしたところ、実は冬も面白いとか。機会を見つけて行ってみたいと思いました。

おしまい

follow us in feedly rss