おっちゃんあんちゃんの覚書

熱帯魚飼育を中心にブログを書いています。失敗談の方が多くて・・・。

レモンラーメンを作ってみましたが・・・

土曜日の夕飯にレモンラーメンを作りました。娘たちの反応は・・・

始めて食べたのはピッコリー(Piccoly)

先月の週末、たまたま一人となった私は、近所のOlympic(オリンピック) 藤沢店のフードコート「ピッコリー(Piccoly)」でレモンラーメンを食べました。

初めて店頭のメニューでレモンラーメンを見た私は、「え~、これはないでしょう」と妻に言っていたのですが、やっぱり気になっていまして・・・。この日は一人きりになったのを幸いに、そそくさと食べに行きました。

お店で写真を撮るのがとても恥ずかしかったのですが、とりあえず1枚。

ピッコリーのレモンラーメン

ベースは塩味のようですが、レモンの酸味が主張すぎずに効いていて、とてもおいしかったです。レモンも程よく温まっていたため、かじりついちゃいました。もちろん完食です。

これは自分で作るしかない!?

家族にも食べさせたい!!。けど、近所のスーパーに家族がついてくるわけがなく・・・。そこで、自分で作ることにしました。グーグル先生やクックパッド先生に『レモンラーメン 作り方』とお尋ねすると、出るわ出るわ・・・。

もっとも多かったのは、サッポロ一番塩ラーメンにレモンの輪切りを入れたものでした。育ち盛りの娘たちなので、できればインスタント麺は使いたくなく、また初めて食べたレモンラーメンのレモンが温かかったことを思い出し、後からレモンを入れるだけではだめだよなぁ?と思いながら調理を始めました。

とは言っても、所詮私が作るのですから

麺とスープ(塩味)は、市販の生ラーメン(ちじれ麺)です。レモンはワックスを使っていない焼酎用(?)を購入しました。

スープを戻すためのお湯をお鍋で沸かしてレモンを入れておきました(普段は、やかんで沸かしたお湯です)。麺が茹で上がる直前に、再度火を通しています。また、麺とレモンだけでは寂しいので、サラダチキンをスライスしたものも付け加えておきました。

娘たちの反応は

「できたよぉ」と言いながらラーメンを食卓に運んだ瞬間、娘たちが固まりました。最近、私がつくるラーメンはあまりおいしくなかったらしいのですが、どんぶりに浮かんでいるレモンを見て絶句していました。

一口食べた次女は、『私はもう少しレモン味が薄い方がいいけど・・・』。どれどれとスープを一口すくってみると確かに酸っぱい。お店で食べたものは、ほんのり酸っぱかったのに・・・。長女は下を向いたまま無言で食べていました。

横から見ていた妻は「私は、何も入れない味噌ラーメンで良いから・・・』。

( ̄∀ ̄メ)

二人とも残さず食べてはくれたのですが、その後も始終無言でした。

う~ん、我が家では二度とレモンラーメンが作られることがなさそうです。

追伸

おいしいものは、まずはお店で食べてから作ってみるのが良さそうです。いきなりだとダメですね。

(._.) 

おしまい

follow us in feedly rss